最終更新日 2020.12.08

オンラインレッスンにはどんな機材が必要?最小限〜おすすめ機材まで紹介

オンラインレッスンにはどんな機材が必要?最小限〜おすすめ機材まで紹介

どんな機材があればオンラインレッスンがスタートできるのか。それがわかればオンラインレッスンが始めての方も、 リモート環境でのオンラインレッスンにトライするハードルが下がるのではないでしょうか。 今回はオンラインレッスンに必要な機材を、最小限の構成からご紹介していきます。

1. オンラインレッスンで利用する機材

オンラインレッスンをやってみようかな…と思った時に、まず気になるのが必要な機材ですよね。そこで今回は、オンラインレッスンが初めて!という先生方に向けて、おすすめの機材をご紹介いたします。

1-1. 最低限必要な機材

どのようなお教室をされていても、一般的には以下の機材が必要になります。

  • ・カメラ
  • ・デバイス(パソコンなどの情報端末機器)
  • ・マイク
  • ・イヤホンやヘッドフォン

オンラインレッスン初心者におすすめなのは、スマートフォンやiPadなどのタブレット機器を使う方法です。 特にスマートフォンはお持ちの方も多いうえ、上記の必要な機材要件を全て兼ね備えています。ネット環境を新たに整備する必要ありません。

1-2. 目的と用途に合わせて機材を選びましょう

しかしスマートフォンはあくまで簡易的で初心者向けの機材です。画質や音声もそれほど高クオリティではありません。 お試しとして使ってみるのは良いですが、本格的にオンラインレッスンを開講するとなると、先生方のお教室の特性に合わせた機材が必要になります。 中でもカメラとマイクについては必須機材になりますので、基本情報を押さえておきましょう。

2. おすすめのカメラ機材

カメラの性能には画質、画角、画素というものが関わってきます。まずはこれらの言葉について初心者の人にとって分かりやすく説明いたします。

画質とは:最終的な映像のクオリティの高低を表します。
画角とは:カメラで撮影した際に実際に画面に入る範囲を表します。
(画面に映る範囲をカメラの位置から見た角度で表現しますので画角と呼びます)
画素とは:画像の最小単位のことで、撮影する際に外部の光を感知するセンサーが一つの画面の中に何個用意されているかを表します。
(私たちが普段みている写真や映像は一つひとつの小さな点の集合体なのです)

画素数が多いカメラの方が映像の画質は良さそうですが、画素数が多いカメラで撮った映像はクオリティが高い反面データ量が膨大になります。 そのためリアルアイムのオンラインレッスンでは高度な通信環境が必要になったり、撮影データを生徒さんとやり取りする場合のデータが重くなったりというデメリットがあります。 ご自身のお教室に必要なクオリティと精度を見極めて機材を用意しましょう。

2-1. 最小限のカメラ機材

もっとも初歩的なカメラ機材は、デバイスに付属のカメラです。前述したスマートフォンに加え、 iPadなどのタブレット端末や最近ではパソコンにも付属していることが多いです。まずはこちらを使ってみましょう。

2-2. 講義形式のレッスンにおすすめのカメラ機材

講義形式のレッスンには「Webカメラ(Webカム)」がおすすめです。 パソコンなどに接続すると、撮影した映像をリアルタイムでデバイスに転送してくれます。 クリップタイプやスタンドタイプなど様々な形態があります。

2-3. 音楽系のレッスンにおけるカメラ機材

ピアノやギターなど音楽系のお教室のレッスンの場合、音を拾うだけでなく、手の使い方を見たり楽譜を確認したりと様々な角度からの映像が必要になりますので可動式の三脚を活用するのがおすすめです。

2-4. 運動系のレッスンにおけるカメラ機材

ダンスなど運動系のレッスンに関しては全体の動きや左右前後の動きに対応するため画角が広角に撮影できる機材が必要になります。

3. おすすめのマイク

つぎに、オンラインレッスンで使用するマイクについてです。カメラ以上に馴染みがない機材かもしれませんが、生徒さんにクリアな音質で素晴らしいレッスンをお届けするには必要な機材です。

3-1. 最小限のマイク機材

カメラ同様、まずは最小限の準備でオンラインレッスンを始めたいという方は、デバイスに付属のマイクを利用しましょう。

3-2. 講義形式のレッスンにおすすめのマイク

皆さんも経験があるかもしれませんが、デバイス付属のマイクは広範囲に音を拾ってしまうため、例えば周りに少しでも音があるとメインの音声に影響が出てしまいます。 それを防ぐためにはピンマイクやヘッドセットマイク、USBマイクといったパソコンやデスク環境と相性が良いマイク機材を別途用意するのがおすすめです。

3-3. 音楽のレッスンにおすすめのマイク

音楽系のレッスンに関してはやはり、繊細な音を拾わなくてはいけないのでマイクにこだわりたい所です。 まず一般的なのはダイナミックマイク。カラオケ店に置いてある形状のマイクです。 電源不要で、ミキサーやオーディオインターフェースなどの音響機器に接続するだけで利用が可能です。 また、もっと音質にこだわりたいのであれば、コンデンサーマイクを用意しましょう。

3-4. 運動系のレッスンにおすすめのマイク

運動系のレッスンは体を大きく動かしますので、ワイヤレスで体に装着できる機材であることが大切です。 前述のピンマイクやヘッドセットマイクに加え、マイク内蔵型のワイヤレスイヤホンなどなるべく軽く、かつ動いても外れにくいマイクを選びましょう。

4. その他必要になる機材

お教室の内容によっては、基本となるカメラとマイク以外にも画面を明るく見せてくれる照明機材や、カメラを固定するアームやスタンド、音響機器なども合わせて用意できると、よりクオリティが高いレッスンが提供できます。

5. 終わりに

オンラインレッスンに必要になる機材について、まずは一般的な情報をまとめてみましたがいかがでしたか? 機材と聞くとすごく難しく思えますが、一番初歩的なスタートですとスマートフォン1台からオンラインレッスンは開始できます。 まずは一度、いろいろな機材を使ってみて、自分のお教室にぴったりの機材セットを見つけてみてください。

また、自己流では不安が残るという方には趣味なびが運営する『趣味なび大学』にて 「オンライン講座」をご用意しております。
コロナ禍でのレッスン開催者支援のため、初回講座が無料で受講いただけます!
さらに10月21日からは、基礎講座、応用講座の一部も無料公開中!
ただ動画を見て学ぶだけではなく、各分野の専門家によるアドバイス・フォロー付きですので、ご興味のある方は是非ご覧になってくださいね。
初回無料講座を見る

基礎講座・応用講座の一部を無料で見る
基礎講座
応用講座
※視聴には趣味なびの会員登録とログインが必要です

トップに戻る