最終更新日 2021.02.25

オンラインレッスンを導入してお教室ビジネスを開業、立ち上げたい人へ

オンラインレッスンを導入してお教室ビジネスを開業、立ち上げたい人へ

コロナ禍で、従来お教室でレッスンや授業をしていたヨガ・英会話・ピアノ・学習塾といったスクールが続々とオンラインレッスンを立ち上げています。しかしまだオンラインレッスンの導入に踏み切れてないスクールや個人の方、これからオンラインスクールを開業したい方の中には
「今からレッスンをオンラインに切り替えたいけど、どうしたらいいんだろう?」
「オンラインレッスンで起業したいけど何が必要?」
「オンラインレッスンをする上で気をつけることは?」
「これから先もオンラインレッスンの需要は増えるのか」
こういったお悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
この記事ではこういったお悩みにお答えするため、オンラインレッスンの開業方法からレッスンの流れ・集客方法まで解説しました。

この記事を読めば、オンラインレッスン運営初心者の方でもオンラインレッスンでビジネスを開業する知識をスムーズに身につけることができるはずです。

1. オンラインレッスン開業のメリット

オンラインレッスンでの開業は、教室型で開業することと比べてメリットがたくさんありますので紹介します。

1-1. レッスンスペースを借りなくていいのでコストが抑えられる

教室運営で人件費を除くと一番コストがかかるのが場所代です。オンラインレッスンなら自宅で講座を開催することができるので、わざわざ教室を借りる必要がありません。明日にでもお教室を立ち上げることができます。起業時のコストがかからないぶん利益が増えたり、レッスンの受講料を抑えることで集客力を強めたりもできます。

1-2. 遠方の生徒さんにもレッスンに参加してもらえる

通学タイプのレッスンでは、通える範囲の生徒さんしか関わることができませんが、オンラインならあなたのレッスンに興味を持っている全国の人たちがレッスン対象者になります。

1-3. レッスン開始時間を自由に設定できる

通学タイプのレッスンはどうしても時間に制約があり、深夜・早朝のレッスンは難しいところがあります。しかしオンラインレッスンなら、先生・生徒さん双方の合意があれば時間に制限をかけずスケジュールを組むことができます。移動時間がかからないのも大きなメリットですね。

2. オンラインレッスン開業に向けた準備

次にオンラインレッスンの講座導入に向けて必要なステップをご紹介いたします。

2-1. インターネット環境を整える

オンラインレッスンですので、インターネットの接続がしっかりできる環境というのが重要になってきます。ご自宅でオンラインレッスンを始めるなら、今ご自宅のある地域で一番速度の速いプロバイダーと契約をする事をおすすめします。またWi-Fiなど無線のインターネットを利用する場合、家の中でも繋がりやすい場所、繋がりにくい場所があるので要確認です。レッスンの内容によっては必要に応じてWebカメラや照明、マイクなども購入しておきましょう。

2-2. レッスンのルールを決める

オンラインレッスンは自由度が高いぶん、きちんとレッスン運営でのルール決めをしておくことが大事になってきます。「生徒さんも必ず顔出しをする」「レッスンの当日キャンセルはレッスン費をもらう」など、トラブルを避けるためにも本格的にレッスンを立ち上げ、告知する前にお教室のルールを準備してください。

2-3. 開業届を出す

これから個人事業主として起業するなら、オンラインレッスンとはいえ「開業届」を税務署に出しに行かなければなりません。開業後1ヶ月以内に届けを出すことが定められています。

2-4. 先生を確保する

自分一人でレッスンをする場合には必要ありませんが、英会話や塾などある程度の生徒数を集客して授業をする場合にはお手伝いをしてくれる先生を探す必要があります。
オンラインレッスンにおいて先生が要になることは言うまでもありません。オンライン上でも生徒さんとしっかりコミュニケーションができ、わかりやすいレッスンができる先生を採用しましょう。

2-5. 生徒さんへの告知・募集をする

最後にオンラインレッスンの概要をご自身のホームページなどに記載して、SNSなどで生徒さんの募集をします。起業間もないころはお金もないしホームページをすぐには作れないという方は、ペライチなど、サイト上で簡単に宣伝ページを作れるサービスを利用してみるのも1つの方法です。

3. オンラインレッスンの流れ

オンラインレッスン開業の準備ができたら、次は実際にオンラインレッスンを開催してみましょう。オンラインレッスンの流れは以下のようになります。

3-1. オンライン会議ツールのダウンロード・設定

オンラインレッスンはオンライン会議ツールを使って行います。今回は今最も普及しているオンライン会議ツールZoomを例にとって流れを説明します。まずはZoomをダウンロードしてご自身のアカウントを作りましょう。

3-2. 予約システムを使って、オンラインレッスンの予約をしてもらう

本格的に集客に力を入れたいという先生には「予約システム」の導入をおすすめします。SNSなどで生徒さんと個別に連絡を取るとかなり時間が取られてしまいますが、予約システムを使えば予約や連絡が自動化され、かなり運営が楽になります。

予約システムのおすすめについてはこちらの記事もご覧ください。

3-3. ZoomのURLを送る

レッスン前日までにZoomレッスンが行われるURLを発行し、参加予定の生徒さんに送付します。

3-4. レッスン開始

発行しておいたZoomのURLをクリックしてレッスンを開始します。

4. オンラインレッスンの集客方法

オンラインレッスンで生徒さんを集めるにはお教室のホームページやTwitterなどSNSで宣伝する方法があります。しかし起業して間もなくアクセス数やフォロワーが少ないアカウントの場合、この方法ではなかなか集客に繋がりません。

予算が許すなら宣伝広告を打つことも考えてみましょう。いろいろなタイプの宣伝広告がありますが、20代以下の方達がメイン対象ならInstagram、30代以上が対象ならFacebook広告を使ってみてもいいかもしれません(現在、InstagramとFacebookは広告が一本化されていますので、両方同時に出してみて反応がいい広告を残すといったこともできます)。広告と聞くと難しそうに思えるかもしれませんが、数千円から出稿できて数百人・数千人の見込み顧客にご自身のお教室のことを宣伝してもらえる素晴らしい媒体です。需要があるジャンルのオンラインレッスンであれば、トライしてみる価値は十分にあります。ぜひチャレンジしてみましょう。

5. オンラインレッスンを始めるうえで必要な心構え

オンラインレッスンも対面レッスンも、教える内容は同じです。しかしオンラインでは以下のような様々な問題が起こります。

  • ・生徒さんの反応が分かりづらい
  • ・パソコンを操作しながらのレッスンはもたつきやすい
  • ・固定画面のレッスンは短調になりがち
  • ・急な機材トラブルでレッスンが中断してしまうことがある

これらを回避して生徒さんに楽しくレッスンを受けてもらうためにも、日頃から「こんなトラブルがあったらこう対処しよう」「オンラインでも聞きやすいように、こんな風に話し方のスピードを変えてみよう」「カメラの位置はこちらの方が、手元が見えやすい」など、お教室でのレッスン以上に準備やシミュレーションをしておくことが重要になってきます。

6. 趣味なび大学 創業スクールとは

趣味なびが運営する『趣味なび大学』では、「オンライン講座」をご用意しております。
コロナ禍でのレッスン開催者支援のため、初回講座が無料で受講いただけます!
さらに現在、基礎講座、応用講座の一部も無料公開中!新規開業コースも今後開講予定です。
ただ動画を見て学ぶだけではなく、各分野の専門家によるアドバイス・フォロー付きですので、ご興味のある方は是非ご覧になってくださいね。
初回無料講座を見る

基礎講座・応用講座の一部を無料で見る
基礎講座
応用講座
※視聴には趣味なびの会員登録とログインが必要です

7. 終わりに

オンラインレッスンは低コストで開業することができ、全国から集客もできるため、今までお教室をやったことがない人にとっても始めやすいビジネスと言えるでしょう。生徒さんにとってもメリットの大きいオンラインレッスンの需要は、まだまだ高くなっていくはずです。

また立ち上げに必要なツールや媒体に関しても、起業や開業を考えている人向けに便利なサービスがどんどん出てきています。オンラインレッスンが盛り上がりを見せる今、このチャンスをどう摑み取るかが今後のお教室ビジネスの成功に関わってきそうですね。どんどん新しい仕組みは導入して、ご自身のお教室にあった方法を構築していきましょう!

やり方・ノウハウの記事

トップに戻る