趣味をはじめよう文化・伝統

趣味はじめよう
文化・伝統

人生100年時代、日本の伝統文化を学び、趣味の1つとすることで、豊かな人生になるはずです。日本の文化は和楽器などの音楽や、着物の着付け、囲碁や将棋など様々なジャンルの趣味教室の登録があり、検索するのも楽しくなります。オンラインで学べる教室も多いので、この機会に日本の伝統文化を趣味にしてはいかがでしょうか?

囲碁・将棋

囲碁・将棋は愛好家からプロまで世界中に競技者がたくさんいます。その人気は漫画になるほどで、子供からお年寄りまで、年齢に関係なく対戦できる日本の伝統です。囲碁・将棋教室なら指し方はもちろん、趣味仲間もたくさんできます。趣味の王道ともいえる囲碁・将棋教室を是非お近くで探してみてください♪

華道

華道は日本の伝統芸術。いろいろな流派があり、その流派ごとにいけ方も異なるとても奥の深いものです。また華道は季節の花を使う事が多いので日本の情緒を敏感に感じことができる点も魅力の一つです。最近ではフラワーアレンジメントと華道の両方を学ぶ人も増えています。是非華道教室を検索してみてください♪

着付け

日本人に生まれたのなら着物をうまく着こなしたいですよね?着物の着付けとは、着物の着方や帯の結び方まで着物姿を美しく着こなすための全てのことを指します。、着付け教室で着物の正しい身につけ方を習いましょう。大手のスクールから、近所のお教室まで様々な着付け教室が登録されています。日本の伝統的な趣味をお持ちの方、和服を着ることで気持ちもあがりますよ♪

狂言

能楽とは異なり、一部の例外的役柄を除いて面(おもて)を使用せず、猿楽の持っていた物まね・道化的な要素を発展させた伝統芸能。風刺など台詞も含め写実的表現が多いのが特徴です。大蔵流と和泉流のふたつの流派があります。

指にはめた爪(ピック)または指(手の爪)で弦を弾いて音を出す楽器。ひとくちに「琴」と言っても、実際は琴、箏、和琴などに分かれるのはご存知ですか?「箏」は可動式の支柱で弦の音程を調節するのに対し、「琴」は弦を押さえる場所で音程を決めます。

茶道

茶道の魅力は日本の美しさを内面から身につける事ができる事です。お抹茶の点て方、挨拶の仕方、礼儀作法など大人のマナーを茶道を通じて習得してみませんか? 日々のお茶を美味しくする入れ方などを教えてくれる教室も多く、趣味だけではなく、日々の暮らしを豊かにしてくれます。オンラインレッスンも豊富にあるので是非検索してみてください♪

詩吟

漢詩や和歌などを独特の節回しで歌う詩吟。素読の後に特有のメロディ(節調)を加えることで、詩情を表現します。吟詠や吟道と呼ばれる場合も。本来は一人で吟じますが、複数人で順に吟ずる連吟や、合唱のように声を合わせる合吟もあります。

仕舞

能の一部を素で舞うこと。伴奏は地謡のみによっておこなわれ、装束・面は用いず、紋付袴か裃などで演じます。演者は、最初の一句を座ったまま謡い、次に立ち上って舞い、最後に打ち込みと呼ばれる型を行って座ったまま一曲を終えます。

尺八

日本の伝統的な木管楽器の一種で、上部の歌口に息を吹きつけて音を出します。尺八の名は、標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることに由来。手孔が5個しかないため、7音音階や12半音を出すために手孔を半開したり、さまざまな技法を多用します。

三味線

四角い木製の胴の両面に皮を張り、胴を貫通して伸びる棹に張られた弦を銀杏形のばちで弾いて演奏する楽器。地歌、箏曲の世界(三曲)等では「三弦」または「三絃」とも呼ばれます。伴奏する内容に合わせて幾つかの種類があり、細棹、中棹、太棹に大別されます。オンラインレッスンも充実していますので是非検索してみてください。

書道

文字の美しさ、一瞬の静と動が醸し出す芸術。無の心で半紙に向かう時、何度も 挑戦し出来上がった時の満足感など書道の魅力は奥深いです。書道教室で自分の感性や感情を表現してみませんか?お子様向けの書道教室から大人向けの書道教室まで、様々なお教室が登録しています。趣味として書道をまなぶことで、他の趣味の幅も広がります♪

砂時計型、またはドラム缶型の胴の両面に皮を張り、これを緒で強く張った日本の伝統楽器のひとつ。形態によって小鼓、大鼓、太鼓、羯鼓などがありますが、狭義には特に小鼓を指します。演奏の際に掛声を掛けるのが特徴。

童謡

子どもの頃によく歌った童謡。幼い頃は歌詞の意味をよく考えずに口ずさんでいたかもしれません。大人になった今、歌詞の意味やメッセージを考えながら、歌ってみるのも面白いものです。歌い継がれてきた童謡の数々を次の世代に伝えてみませんか?

長唄

江戸の音曲の一つであり、正式名称は江戸長唄。演奏は基本的に複数人の唄と三味線で成り立ちますが、曲目によっては小鼓、大鼓、太鼓、笛などで構成されるお囃子が付くこともあります。

日本舞踊

広い意味では能楽なども含みますが、狭義では歌舞伎舞踊と上方舞を指します。およそ200を越える流派が存在すると言われており、中でも「花柳流」「藤間流」「若柳流」「西川流」「坂東流」は五大流派と言われています。

能楽

室町期に観阿弥、世阿弥らによって確立された日本の伝統芸能であり、面(おもて)をつけて演じる音楽劇。能、式三番、狂言の三つの分野に分けられ、技術によってさらに「シテ方」「ワキ方」「囃子方」「狂言方」の4種類に分けられます。

俳句・川柳

五・七・五で作る俳句や川柳。俳句には必ず季語が入る日本古来の伝統文化です。川柳は俳句から規則をなくし自由に伝えたい言葉を表現する為うまれました。今ではサラリーマン川柳のように簡単な言葉遊びから、本格的な俳句まで様々な楽しみ方があります。流派もさまざまなですので、あたなにあった俳句・川柳教室を探してみてください♪

謡曲

能の脚本に当たる部分。台詞と地の文とで構成され、その多くは観阿弥、世阿弥、金春禅竹などによって作られました。「謡(うたい)」ともいい、能から切り離され単独でも独特の節をつけて謡われます。

和楽器

三味線や和太鼓、尺八や琴など様々な和楽器教室の情報を紹介しています。洋楽器が出回っている中、和楽器の音色は演奏しているだけで心が癒されます。あなたに合った和楽器教室に通ってみませんか。最近ではオンラインレッスンも豊富です。

和太鼓

日本の太鼓の総称。大きく分けて長胴太鼓(宮太鼓)、桶胴太鼓、附締太鼓の3種類があり、ばちで叩きます。両面を打つタイプと片面を打つタイプがあり、前者は宮太鼓、桶胴太鼓などで、音量が大きく低音がよく響くのが特徴。 外国人にも人気の和太鼓、ご興味をお持ちになったら是非検索してみください。

和の作法

日本の作法、和の作法を知らないと、大事な時に恥をかいてしまいます。和の作法を学ぶことで、日常生活の中にある和の心を見直してみませんか?さまざまなジャンルのレッスンがあるので是非検索してみてください。

トップに戻る