【初心者向け】ピラティスの基礎知識から効果や失敗しない始め方まで解説

【初心者向け】ピラティスの基礎知識から効果や失敗しない始め方まで解説

ピラティスは、近年人気が高まっているエクササイズの一つです。

身体の柔軟性や体幹を鍛え、姿勢改善や腰痛予防など、様々な効果が期待できます。

この記事では、ピラティス初心者の方に向けて、基礎知識から効果や失敗しない始め方まで解説します。

1. ピラティスとは?

ピラティスは、ドイツ人であるジョセフ・ピラティス氏によって20世紀初頭に考案されたエクササイズです。

元々は、負傷した兵士のリハビリを目的としていましたが、その効果の高さから、今ではプロのスポーツ選手やダンサー、そして健康意識の高い一般の方々まで、幅広い層に愛されています。

1-1. ピラティスの歴史と基本理念

ピラティス氏は、第一次世界大戦中に負傷した兵士のリハビリのために、ピラティスの原型となるエクササイズを開発しました。

その後、アメリカに移住し、ピラティススタジオを開設。

ダンサーや俳優など、多くの人々にピラティスを指導しました。

ピラティスの基本理念は、「心と身体と精神の統合」です。

身体を動かすだけでなく、呼吸法や意識のコントロールを通じて、心身全体のバランスを整えることを目指します。

1-2. ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガは、どちらも心身のリラックス効果や柔軟性向上に効果的なエクササイズですが、いくつかの違いがあります。

ピラティスは、体幹を鍛えることに重点を置き、筋肉の強化や姿勢改善を目的としています。

一方、ヨガは、精神的な安定や柔軟性を高めることを重視し、瞑想や呼吸法を取り入れています。

1-3. ピラティスで期待できる効果

ピラティスには、以下のような様々な効果が期待できます。

姿勢改善
体幹を鍛えることで、正しい姿勢を維持しやすくなります。

柔軟性向上
筋肉をゆっくりと伸ばすことで、柔軟性を高めることができます。

筋力アップ
特にインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になります。

腰痛や肩こりの改善
体幹を強化し、正しい姿勢を保つことで、腰痛や肩こりの予防・改善に効果的です。

ストレス解消
呼吸法や瞑想を取り入れることで、心身のリラックス効果が期待できます。

2. ピラティスの種類

ピラティスには、主に『マットピラティス』と『マシンピラティス』の2種類があります。

それぞれの違いを理解して、自分に合ったスタイルを選びましょう。

2-1. マットピラティス

ヨガマットなどの上で自重で行うピラティスです。

場所を選ばず、自宅でも手軽に始められるのが特徴です。

初心者向けのクラスも多く、気軽にピラティスを体験できます。

2-2. マシンピラティス

専用のピラティスマシンを使って行うピラティスです。

マシンのサポートがあるため、正しい姿勢で無理なくエクササイズを行うことができ、より効果的なトレーニングが可能です。

2-3. オンラインピラティス

インターネットを通じて、自宅でピラティスレッスンを受けられます。

忙しい方やスタジオに通うのが難しい方でも、手軽にピラティスを始めることができます。

3. ピラティスを始める前に知っておきたいこと

ピラティスを始める前に、必要な道具や服装、準備運動について知っておきましょう。

3-1. ピラティスに必要な道具

マットピラティスを始める場合は、ヨガマットがあれば十分です。

その他、ストレッチポールやバランスボールなどがあると、バリエーションが広がり、より楽しめます。

マシンピラティスは、専用のスタジオに通う事が一般的です。(オンラインレッスンもあります)

3-2. ピラティスに適した服装

動きやすい服装であれば、特に決まりはありません。

吸湿性や速乾性に優れた素材のウェアがおすすめです。

身体のラインが分かりやすい服装を選ぶと、自分の姿勢をチェックしやすくなります。

3-3. ピラティス前の準備運動

ピラティスを行う前に、軽いストレッチやウォーミングアップを行いましょう。

筋肉を温めることで、怪我の予防につながります。

特に、首、肩、背中、股関節などを中心に、ゆっくりとストレッチを行いましょう。

4. 【初心者向け】ピラティス。基本の動き

Youtubeなどを見て基本の動きなどをイメージしましょう

ここでは、初心者でも簡単にできるピラティスの基本的な動きをいくつか紹介します。

4-1. 腹式呼吸

ピラティスの基本となる呼吸法です。

鼻から息を吸い込み、お腹を膨らませ、口からゆっくりと息を吐き出しながらお腹を凹ませます。

深い呼吸をすることで、インナーマッスルが活性化され、エクササイズ効果が高まります。

4-2. ペルビックカール

仰向けに寝て、膝を立て、お尻を持ち上げるエクササイズです。

体幹を意識し、ゆっくりと動作を行いましょう。

お腹を引き締め、腰を反りすぎないように注意しましょう。

4-3. チェストリフト

仰向けに寝て、膝を立て、上半身をゆっくりと持ち上げるエクササイズです。

腹筋を意識し、腰を反らせないように注意しましょう。

首や肩に力が入らないようにリラックスして行いましょう。

4-4. スパインツイスト

椅子に座り、上半身を左右にひねるエクササイズです。

背骨を一つずつ動かすイメージで、ゆっくりと行いましょう。

腰を安定させ、無理にひねらないように注意しましょう。

Youtubeなどを見て基本の動きなどをイメージしましょう Youtubeなどを見て基本の動きなどをイメージしましょう

5. ピラティスでよくある間違いや誤解を解説

ピラティス初心者によくある間違いを3つ紹介します。

5-1. 呼吸を止めてしまう

ピラティスでは、呼吸を止めずに、動きに合わせて呼吸をすることが重要です。

呼吸を意識することで、インナーマッスルが活性化され、より効果的にエクササイズを行うことができます。

5-2. 反動を使ってしまう

ピラティスの動きは、ゆっくりと丁寧に行うことが大切です。

反動を使って勢いよく行うと、効果が半減するだけでなく、怪我のリスクも高まります。

5-3. 無理な姿勢で行う

自分の身体の柔軟性に合わせた範囲で、無理のない姿勢で行いましょう。

痛みを感じる場合は、すぐに中止してください。

6. ピラティスを続けるコツ

ピラティスを継続するためには、以下の3つのコツが重要です。

6-1. 自分に合ったレッスンを選ぶ

初心者の方は、少人数制のクラスや初心者向けのクラスを選ぶのがおすすめです。

インストラクターに自分のレベルや目標を伝え、適切なアドバイスをもらいましょう。

オンラインピラティスも、自分に合ったレベルのレッスンを選ぶことが大切です。

6-2. 無理せず自分のペースで

ピラティスは、自分のペースで進めることが大切です。

無理をして怪我をしないように、ゆっくりと丁寧にエクササイズを行いましょう。

6-3. 継続するモチベーションを保つ

ピラティスを継続するためには、モチベーションを維持することが重要です。

目標を設定したり、仲間と一緒に取り組んだり、達成感を記録したりすることで、モチベーションを高く保つことができます。

7. ピラティスに関するよくある質問、疑問

Q. ピラティスはダイエットに効果がありますか?
A. ピラティスは、基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作る効果があります。
しかし、食事制限や有酸素運動と組み合わせることで、より効果的にダイエットすることができます。

Q. ピラティスは腰痛に効果がありますか?
A. ピラティスは、体幹を強化し、正しい姿勢を保つことで、腰痛の予防・改善に効果的です。

Q. ピラティスは妊娠中でもできますか?
A. 妊娠中のピラティスは、医師に相談してから行いましょう。
安定期に入れば、体調に合わせて無理のない範囲で行うことができます。

Q. ピラティスとヨガ、どちらが良いですか?
A. ピラティスとヨガは、どちらも心身に良い影響を与えるエクササイズです。
どちらが良いかは、個人の目的や好みによります。
ピラティスは、体幹強化や姿勢改善を重視したい方におすすめです。
一方、ヨガは、柔軟性向上やリラックス効果を求める方におすすめです。

8. まとめ ピラティスの基礎知識から効果や失敗しない始め方まで解説

ピラティスは、心身ともに健康な体作りをサポートしてくれる素晴らしいエクササイズです。

この記事で紹介した情報をもとに、ぜひあなたもピラティスを始めて、その効果を実感してください。

ピラティスを趣味としてはじめる前に知っておきたい事

全て見る

趣味ヨガ・フィットネスコンテンツ一覧

  1. ピラティスコンテンツ一覧
  2. ヨガコンテンツ一覧
トップに戻る