【専門家に聞く】子供向けプログラミング教室選びのチェックポイント4つ

【専門家に聞く】子供向けプログラミング教室選びのチェックポイント4つ

「うちの子にプログラミングを習わせたいけど、教室が多すぎてどこを選べばいいか分からない…」そんな悩みを抱えていませんか?

お子様の将来の可能性を広げるプログラミング教育。

しかし、教室選びを間違えると、せっかくの興味や才能を潰してしまうかもしれません。

そこで今回は、プロの視点から厳選した「失敗しないプログラミング教室選びの4つのポイント」をご紹介します。

この記事を読めば、お子様にぴったりの教室を見つけ、安心してプログラミング学習をスタートさせることができます。

1. 目的に合ったカリキュラムを選ぼう

プログラミング教室のカリキュラムは、教室の特色やターゲット層によって大きく異なります。

お子様の年齢や興味、そして将来の目標に合わせて最適なカリキュラムを選ぶことが重要です。

低年齢向け (4歳~小学低学年)

この年齢層では、プログラミングの基礎概念を楽しく学ぶことが大切です。

ビジュアルプログラミング言語 (Scratchなど) を使ったゲーム制作やアニメーション作成などが人気です。

これらのカリキュラムは、マウス操作や簡単な指示でキャラクターを動かすことができるため、プログラミング未経験のお子さんでも楽しみながら学ぶことができます。

高学年向け (小学高学年~中学生)

論理的思考力や問題解決能力を養う段階では、テキストプログラミング言語 (Python, JavaScriptなど) を使ったアプリ開発やWebサイト制作などがおすすめです。

これらのカリキュラムは、実際にコードを書きながらプログラミングの基礎を学び、より高度な技術を習得することができます。

特定分野に興味がある場合

ロボットプログラミング、Webデザイン、ゲーム開発など、特定の分野に興味がある場合は、専門的なカリキュラムを提供している教室を選びましょう。

これらの教室では、専門知識を持った講師から実践的なスキルを学ぶことができます。

無料体験を活用

多くのプログラミング教室では無料体験を実施しています。

実際に体験してみることで、カリキュラムの内容や難易度、教室の雰囲気がわかります。

お子様と一緒に体験授業に参加し、教室の雰囲気や講師との相性を確認しましょう。

2. プログラミング教師の質と教え方をチェックする

プログラミングは論理的思考力や問題解決能力を養う上で非常に有効ですが、教え方によっては子供たちがプログラミングを嫌いになってしまう可能性もあります。

経験豊富な教師か?

プログラミングスキルだけでなく、子供たちへの教え方にも長けている教師がいる教室を選びましょう。

プログラミング経験が豊富なだけでなく、教育経験も豊富な教師であれば、子供たちの個性や理解度に合わせて丁寧に指導してくれます。

少人数制か?

個別指導や少人数制の教室では、一人ひとりに目が行き届き、きめ細やかな指導が期待できます。

質問もしやすく、理解度が深まります。

体験授業を通じて何を感じるか?

体験授業に参加して、教師の教え方や人柄、教室の雰囲気を確認しましょう。

子供との相性も重要です。

保護者へのフィードバックはどれ位しているか?

定期的な保護者面談や報告会を実施している教室では、お子様の学習状況や課題を把握することができます。

3. プログラミング教室の環境と設備をチェック

教室の環境や設備は、学習意欲や集中力に大きな影響を与えます。

プログラミング教室の設備は?

最新のPCやタブレットが十分に用意されているか、ソフトウェアは常にアップデートされているかを確認しましょう。

快適な学習環境は、子供たちの集中力を高めます。

プログラミング教室の雰囲気は?

明るく開放的な雰囲気で、子供たちがリラックスして学べる環境であるかを確認しましょう。

清潔感があり、整理整頓されていることも大切です。

プログラミング教室の立地は?

自宅や学校からのアクセスが良い場所にあると、通いやすいでしょう。

プログラミング教室の安全対策は?

防犯対策や災害対策がしっかりしているかを確認しましょう。

4. プログラミング教室の料金と費用対効果をチェック

プログラミング教室の料金は、カリキュラムの内容や時間数、設備などによって異なります。

月謝は?

月謝制の教室が多いですが、中には入会金や教材費などが別途かかる場合もあります。

初期費用は?

入会金や教材費、設備費など、入会時にかかる費用も確認しましょう。

追加費用は?

発表会やコンテストへの参加費用、検定試験の受験料など、追加でかかる費用も確認しましょう。

費用対効果を考えよう

料金だけでなく、カリキュラムの内容や教師の質、設備などを総合的に判断して、費用対効果の高い教室を選びましょう。

無料体験などを利用して、複数の教室を比較検討することもおすすめです。

5. 【専門家に聞く】子供向けプログラミング教室選びのチェックポイント4つのまとめ

プログラミングは、これからの時代を生き抜くために必要なスキルの一つです。

しかし、数あるプログラミング教室の中から、お子様にぴったりの教室を見つけるのは至難の業。

そこで、この記事では、プロが教える「失敗しないプログラミング教室選びの4つのポイント」をご紹介しました。

「目的」「先生」「環境」「料金」

この4つのポイントを押さえれば、お子様の才能を最大限に引き出し、楽しくプログラミングを学べる教室が見つかるはずです。

さあ、この記事を参考に、お子様の未来を切り開く一歩を踏み出しましょう!

プログラミングを趣味としてはじめる前に知っておきたい事

全て見る

趣味IT・Webコンテンツ一覧

  1. プログラミングコンテンツ一覧
トップに戻る