「ハープ」の教室一覧

三角の枠に多くの弦を張った楽器。演奏会などで普通用いられるものはダブル・アクション・ハープ(グランドハープ)とよばれ、高さ約1.7メートル、弦数は通常47本の大形ハープです。そのほかケルトハープ(アイリッシュハープ)やラテンハープ(アルパ)などがあります。

該当件数45

トップに戻る

会員登録をすると、「ワークショップ」や「教室」をお気に入り登録する事ができます。

×

ハートのアイコンをクリックして気になる情報をお気に入り登録できます。ぜひ会員登録してご利用ください!

トップに戻る