• トップ
  • カフェテナンゴさんのプロフィール

主催者プロフィール

中米コーヒースペシャリスト

カフェテナンゴ

中米スペシャルティコーヒー専門店が主催するコーヒー講座です。初心者からプロ、開業予定者まで幅広い講座が魅力です。

自己紹介自己紹介

店主:栢沼良行(かやぬまよしゆき)
大学卒業後、すぐにカフェ視察の為、ヨーロッパに渡る。
半年間様々な国のカフェを巡り、メニューや味を研究する。
南はスペイン、ポルトガルから北はスウェーデン、東はチェコ、ハンガリーまで訪れた国はヨーロッパだけで十数カ国。
帰国後、某外食大手に入社。仕事の合間にコーヒーの勉強を重ねる。
次第に『コーヒーを極めたい』という思いが強くなり退職。
珈琲工房ホリグチ(現ホリグチコーヒー)に入社。喫茶を経て焙煎担当を務める。
4年後、『コーヒー屋は産地を知らなければならない』という考えのもと退職。
コーヒー豆の勉強の為、単身中米に渡る。
グアテマラ、コスタリカ、ニカラグア、メキシコでホームステイをしながら、
スペイン語とコーヒー豆の栽培や精製、流通について学ぶ。
このとき日本には輸出されていない数多くの素晴らしいコーヒー豆と出会い、
中米スペシャルティコーヒーの専門店を創ろうと決意。
そのために現地コーヒー機関、農園やエクスポーターなどを巡り、
コーヒー関係者達との交流を深め、独自のネットワークを構築する。
ニカラグアのカフェ&ロースターで働いた後、­掛け3年にわたる留学の
締めくくりとしてエルサルバドルのコーヒー学校(Escuela de Cafe)に入学。(日本人初)
その時のコーヒーの先生に推薦してもらい、エルサルバドルの
カップオブエクセレンス2008に正式オブザーバー兼スタッフとして参加。
外国人として初めてCOE国内予選から国際審査まで全ての運営過程に参加。
翌年2009年のCOE国際審査にも参加。
企業に属していない個人が一人で原産地に行き、コーヒーを勉強する姿は、現地メディアでもたびたび紹介された。
2008年10月 中米スペシャルティコーヒー専門店『cafetenango』を創立。
スペシャルティコーヒー専門焙煎店の新しい形を提示。
農園主や現地コーヒー協会などと連絡を取りながら最新のコーヒー豆情報を収集して、
『農園から1杯のカップまで』『人生を変える一杯を』をモットーにこだわりのコーヒー豆を提供している。

メディア出演経験

TV出演

WEB媒体出演

イベントへの登壇や出張レッスン

紙媒体出演

ラジオ出演

書籍や記事の執筆

活動開始年

2009年

役職名

代表取締役

書籍出版

「極める 愉しむ 珈琲事典」(西東社) 焙煎部門監修 他

累計生徒数

1,001~5,000人

カフェテナンゴさんが主催するワークショップ

トップに戻る

会員登録をすると、「ワークショップ」や「教室」をキープする事ができます。

×

キープは会員限定機能です。
ハートのアイコンをクリックして気になる情報を「キープ(お気に入り登録)」できます。ぜひ会員登録してご利用ください!

会員登録をすると、主催者に質問ができます

×

主催者への質問は会員限定機能です。
会員登録して主催者に質問をしてみましょう!

トップに戻る