教室情報 無料体験レッスン有り

国際居合道連盟 埼玉支部

武道・格闘技 /埼玉県 さいたま市
0
女性向け 男性向け 親子向け 初心者向け キッズ向け

無外流居合の普及・指導活動を通じて武士道の醸成に貢献する

詳細情報

教室の特徴教室の特徴

無外流居合いの形・組太刀・試し斬りを、老若男女の仲間達と一緒に楽しく稽古しませんか?

初心者の方でも、基本から丁寧に指導しますので、どなたでもすぐに始められます。

先ずは、体験稽古に参加されてみませんか?

【リアル稽古のご紹介】
埼玉支部では体育館などを借りて、リアル(道場)稽古を実施し、居合好きの仲間達と楽しく稽古に励んでおります。
毎週火曜日:19:00-20:30 川口市 体育武道センター 剣道場
毎週木曜日:19:00-20:30 さいたま市立三室中学校 剣道場
毎週土曜日:19:00-20:30 武蔵浦和コミュニティーセンター9Fレクホール2、さいたま生涯学習センター9Fレクホール2、さいたま市立三室中学校剣道場

【オンライン稽古のご紹介】
いつでもどこでもオンラインで稽古ができる!
鵬玉会(ほうぎょくかい)はリアルとオンラインのマルチチャンネル!

東芝のCM、東映の居合監修、東宝映画「燃えよ剣」協力等の国際居合道連盟鵬玉会は、(道場での)リアル稽古と、(会長直伝)のオンラインとのマルチチャンネル!
一般もジュニアクラスも充実しています。

毎回100名を超える全国の会員が参加する大人気のオンライン稽古
土曜日 10:30~12:00
YouTube Live又はZoomで実施。アーカイブ動画として残るので、いつでもどこでも観返すことができます。


300年の歴史を背負った、「新選組三番隊 斎藤一の無外流」本物の居合を学ぼう!

■居合とは「出会いがしらの一撃で勝負を決する剣」
最初に「居合とは何か」を考えてみましょう。
無外流の使い手を主人公として描いた小説があります。
その小説の中では、居合を「出会いがしらの一撃で勝負を決する剣」と表現されています。剣を抜いて「さあ来い!」と構える立ち合いと違い、刀は鞘のうちにあります。ここから抜き打ちで斬るのが居合のロマンではないかと思います。

■鵬玉会は最終武道と言われる居合、その中でも無外流 居合を学ぶ団体です。
元禄6年、流租がその流派名を無外流として以来、現宗家を中心に世界中の会員がある者は強さを、あるいは健康と美容を、あるいは精神力を求めて日夜修行に励む団体の一つです。
鵬玉会では多くの稽古場所があります。月会費は変わらずにどこでも何度でも稽古に参加できます。

レッスンスケジュールレッスンスケジュール

毎週火曜日 19:00~20:30
毎週木曜日 19:00~20:30
毎週土曜日 19:00~20:30
※ジュニアはいずれも~20:00
※第5週は稽古はお休み

身につくスキル・資格身につくスキル・資格

■強くあること
どんな武道を学ぶ者にとっても、強くあることは重要なテーマです。今日ダメだったことも明日できるようになるかもしれない。今日よりも明日は強くなれるかもしれない。
居合、剣を学ぶ者にとって、古の剣豪が憧れであるのは言うまでもありません。そんな剣豪達が生死のやりとりを通じた修行の果てにいきついた境地とは、死に対しても畏れを無くすことでした。
かの剣聖宮本武蔵も、柳生の天才連也斎も、近くは無外流の大先輩斎藤一も、そして山岡鉄舟、勝海舟も結跏趺坐して死を迎えています。これを座脱と言うのだそうです。実は無外流の流租辻月旦も座脱をしたと言います。
私たち凡人は、風邪をひいても苦しいと言い、腹が痛くても気力が萎えてしまいます。
しかし、最終武道の居合の、実戦を追い求める稽古は擬似の生死の体験です。
その稽古を通じ、少しでもその境地に近づける、そんな指導と方法論であなたの稽古をお手伝いしたいと思います。
修行を積み重ねることで何ものにも揺れない、屈しない心、強靭な精神力、内面からにじみ出る凛とした品格の美しさを養います。

月謝/入会金/年会費月謝/入会金/年会費

月会費:7,260円(税込)
年会費:7,260円(税込)

アクセス情報

住所住所

埼玉県さいたま市

交通アクセス交通アクセス

JR埼京線 大宮駅 徒歩5分

JR埼京線 武蔵浦和駅 徒歩5分

JR京浜東北線 西川口駅 徒歩15分

公式ホームページ公式ホームページ

この主催者の他のワークショップ

お勧めのワークショップ

会員登録をすると、「ワークショップ」や「教室」をお気に入り登録する事ができます。

×

ハートのアイコンをクリックして気になる情報をお気に入り登録できます。ぜひ会員登録してご利用ください!

会員登録をすると、主催者に質問ができます

×

主催者への質問は会員限定機能です。
会員登録して主催者に質問をしてみましょう!

トップに戻る