主催者プロフィール

クオリティオブライフアドバイザー

末吉 真由美

「恋する石けん」使う相手(自分)のことを恋するようにみつめて作る。

自己紹介自己紹介

明治大学理工学部工業化学科卒業。
パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社にて
輸入化粧品の品質管理部で製造業責任技術者として従事。
子育てと仕事との両立に悩んでいた時、ベランダで育てていた植物を
「使う」ということに目覚め生活が一変。
娘に「ママの手お薬みたい」と言われた経験から特別なものを用意しなくても
必要なモノは家の中にあると実感。
夫の転勤に伴った福岡で始めたブログがきっかけで開いた自宅教室は、生徒数累計3000名。
顔がわかる生徒数が320名となった9年目を契機にアトリエを構える。
80種類10,000個以上の石けん作りに取りくみ、化学に明るい知識を活かした処方おこしに取り組む。
新幹線、飛行機を使って生徒が集まるほどの人気ぶりで、一人の生徒が教室で作る石鹸は、
76種類456個。延べ30,096個の石けんを1つ1つ目で確かめてきた。
女性が直面する出産・子育て・配偶者の転勤、介護など環境変化、季節を考えたホームケアレシピを提供。
レッスンを受けた受講生からは、「化学に詳しい先生だから安心!」
「わざわざ特別なモノをそろえなくても家にある材料でできる」
「納得して自分で素材を選べるようになった!」など大きな影響を与えている。
現在、首都圏にある認定6教室の認定講師も募集後すぐに申込が入る盛況ぶり。
開業アドバイスをした女性達が、季節の植物と気持ちに合わせた
処方おこしができるようになり地域でいきいきと活躍。
「新しい日常を作れ!」という理念のもと、誰でも簡単にできる再現性あるホームケアを伝えている。
また、子育て世代の起業・働き方のモデルケースとしてメディアも注目。
『暮らし上手 季節のハーブレシピ』(エイ出版社)、
『ecomom』(日経BP社)など取材実績多数。美容専門学校では化粧品学、メディカルハーブ講座を担当。
明治大学、東北大学、広尾日赤医療センター、横浜市男女共同参画センター主催のセミナーなど
学校や研究機関での講演も実施。
昨今は、北海道フーズの主力商品である猫足昆布を使った試作品依頼を受けるなど、
地域の特産物を活かした商品開発も実施するなど活動の幅を広げている。

所有資格所有資格

・メディカルハーブ協会ハーバルセラピスト
・日本園芸協会ハーブコーディネーター
・(公社)日本アロマ環境協会アロマテラピーインストラクター
・同アロマセラピスト
・同環境カオリスタ

末吉 真由美さんが主催するワークショップ

会員登録をすると、「ワークショップ」や「教室」をお気に入り登録する事ができます。

×

ハートのアイコンをクリックして気になる情報をお気に入り登録できます。ぜひ会員登録してご利用ください!

会員登録をすると、主催者に質問ができます

×

主催者への質問は会員限定機能です。
会員登録して主催者に質問をしてみましょう!

トップに戻る