• トップ
  • 趣味なび プロモーションについて
先生・生徒・企業がwin・win・winの取り組みを実現お教室を通じたインフルエンサーマーケティングが熱い

UCC上島珈琲株式会社 一杯抽出事業本部 柳川智子様

UCC上島珈琲株式会社様が提供する、ポッド式のドリップコーヒーシステム『DRIP POD(ドリップポッド)』の認知拡大を目的とした趣味なびタイアップ企画として、お教室での活用事例と先生へのインタビュー記事を掲載した特集コンテンツを制作。さらに「おもてなしプログラム」と題し、全国のお教室にコーヒーマシンを無償でご提供し、カプセルを割引価格で定期購入いただけるというプロジェクトを実施しました。

実施概要

●対象商品 UCC DRIP POD-DP1(コーヒー抽出機)、DRIP POD(コーヒーカートリッジ)
●施策内容
 ・趣味なび内特集コンテンツ「わたしのお教室ライフ」制作
 ・コーヒーマシンの無償提供+カートリッジを割引価格で定期購入できる「おもてなしプログラム」の実施

趣味なびをプロモーションにご活用いただいた理由を教えてください。

趣味なびのビジネスモデルをテレビ番組が紹介

TBS系の『がっちりマンデー』という番組で趣味なびさんが取材されていて、趣味なびさんの活動やカルチャー教室のマーケットに興味を持ったことから、問い合わせをさせていただきました。番組では、全国の趣味のお教室を応援している趣味なびさんのビジネスモデルが紹介されていました。趣味なびのウェブサイトではお教室を無償掲載。その代わりに、教室では、サンプリングという形で先生が協賛社の商材を生徒さんたちに紹介し、企業のプロモーションに協力。生徒さんたちは信頼する先生から新しい商品をもらえ、コミュニケーションも深められる。という、先生・生徒・企業がwin・win・winの関係である、という素晴らしい内容でした。

意識が高く積極的な「先生・生徒」層に可能性を感じた

さらに、生徒さんにとっての憧れであるお教室の先生は、「インフルエンサー(口コミを誘発し、生活者の消費行動に影響を与える人)」としての素養が強い。また、お教室に通う生徒さんは、自分を高めるための意識が高く、新しいことへの興味も積極的で購買力も高い。そのような属性や行動特性を上手に活かしたビジネスモデルであることも紹介されました。私は趣味なびさんの取り組みに共感し、当社の商品プロモーションにも活かせるのではないか、と思い、趣味なびのサイトからメールで問合せさせていただきました。

趣味なびを活用したプロモーションにどのような狙いがありましたか?

潜在需要の高いチャネルであることを確信

私は、ポッド式のドリップコーヒーシステム『DRIP POD』のメーカー通販部門を担当しています。ご利用中のお客様のなかに、カルチャー教室を運営されている方がおられ、商品の満足度も高く、生徒さんとのコミュニケーションツールとしても大変有効との声を聴いており、カルチャー教室のマーケットが潜在需要の高いチャネルであることはわかっていました。「カプセルタイプでどなたでも簡単に使え、お手入れも簡単であること」、「ドリップ(レギュラーコーヒー)なので、本格的で美味しいコーヒーを楽しめること」「紅茶、緑茶なども抽出でき、コーヒーが苦手な人にも対応できること」など『DRIP POD』の商品特性からも、お教室での利用に適していることを確信していました。

具体的にどのような形でプロモーションを行われましたか?

定期購入の増加を目的にマシンを無償配布

まずは趣味なびの全国の教室会員様に向けて、募集をかけて「モニター教室」を選出。モニター教室の先生に『DRIP POD』をお使いいただき、その中の何名かの先生に使用感をインタビューし、趣味なび内特集ページ「わたしのお教室ライフ」で記事を掲載していただきました。特集ページ制作は、「興味喚起」を促す目的がありました。 次のステップとして、教室会員のみなさまにコーヒーマシンを無償でご提供し、カプセルを割引価格で定期購入いただけるという内容の「おもてなしプログラム」というプロジェクトを実施しました。募集がスタートすると全国のお教室からすぐに応募が殺到。 お申込みいただく際にアンケートを取らせていただくことを条件とし、その結果は今後の商品開発やサービスへの参考とさせていただきました。

プロモーションを実施した結果、いかがでしたか。

先生・生徒・企業がwin・win・winの関係を実現

「おもてなしプログラム」を通じて、先生・生徒・企業がwin・win・winの関係であるフォーメーションを、まさに実現できたと感じています。先生にとっては、レッスンの前後や休憩時間に、美味しいコーヒーを飲みながら、生徒さんとコミュニケーションを深めることができるというメリットがあり、当社にとっては、「お教室での商品のご利用・理解促進」+「インフルエンサーマーケティング」ができるという、メリットがあります。そして生徒さんたちにとっては、信頼のおける先生のお気に入りを紹介してもらえることがうれしく、また何より大きな点は、「体験できる」「味わえる」ということにメリットがあるかと思います。

他のプロモーション施策と比較して、趣味なびプロモーションには
企業様にとってどんな特長があると思いますか?

信頼のおける「先生」に商品の魅力を伝えてもらえる

マス広告は、短期間に広く多くの人に商品の伝えることができますが、商品を深く理解してもらうのは難しいことです。趣味なびでのプロモーションは、すでにターゲティングされた潜在顧客に対して、信頼のおける先生の言葉で商品を伝えていただくことができますから、当社の商材にとっても大変重要な「体験の場」となっています。「簡単」「美味しい」は、やはり体験して初めて理解できるもの。お教室に通い、繰り返し体験することで、より強い記憶となり、さらに自宅でも使いたくなります。ここがほかのプロモーションとの大きな違いと考えます。趣味なびでのプロモーションによる広告効果は大変大きく、お教室を通じたインフルエンサーマーケティングは、今後 さらに拡大、強化していきたいと考えています。

その他の実施事例、資料ダウンロードまたはメールにてお問い合わせください。

お問い合わせ

カシオ計算機 株式会社 様

先生と生徒さんの密度の濃い信頼関係、
マイクロコミュニティの価値の大きさを感じました

カシオ計算機 株式会社
谷林亨 様

アース製薬 株式会社 様

先生から生徒、生徒からその先へ、という広がりを感じました。

アース製薬 株式会社 マーケティング総合戦略本部 販促企画部 販売促進課
木下由佳子 様

花王 株式会社 様

マス広告にはできない、
“体験型”のプロモーションに大変満足しています。

花王 株式会社 ビューティケア スキンケア・ヘアケア事業ユニット ヘアケア事業グループ
葉田亜沙美 様

趣味なび プロモーション TOPへもどる ▶

トップに戻る